top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の今年の目標の一つとして、主体性を持つ、というものを掲げています。

それは自分で考えて決め、行動するというもの。一見当たり前のようですが、積極的に自ら選択し行動に移すということです。

例えば、今までの人間関係から離れるということもそうですし、諦めることも出てきます。また今までやったことのないことに挑戦することもあります。そういったことをパターンの執着に囚われずに、積極的に自分のために選んでいくというものです。無理だから諦めるのではなく、明らかに認め、受け入れる。なぜなら、全ては受け入れた時から始まるからです。


諦めきれずに抵抗すると本当に苦しいです。理想を追ったり、幻想を夢見たり、現実ではない世界をパターンで追うと、現実を突きつけられたときショックを受けます。それはきっと、現実の自分を許せていないからだと思うんです。立派でも凄くもない平凡で普通の自分をです。そんな普通の自分が一生懸命に主体性を持って生きることに意味があるのだと思います。それは、自分を育むことにつながり、現実の自分を生きることなるからです。


自分を生きるって、できているようでできていないもの、だから、主体性が必要だと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page