top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を律する、自分をコントロールする。

最近その心地よさを実感しています。しなければならないや、しなきゃという動機では、このような心地よさはなかったように思います。そのようなやらされている感や、不本意で仕方なくやるという思いでは、自分を律するのは苦になると思います。私の黒パターンはコントロールされたり、命令されるのを嫌がりますから、指示ができるところまで私が大きく育たないと、こうはなれなかったと思います。


良い悪いのジャッジなく、正しく自分を引っ張っていこうする努力に、変な力みや気合いはなく、淡々とやるのだけれども、面白みを感じます。

本来学びというのはこういうものなのかもしれません。黒パターンで勉強をしたり、何かを習っている時、そこには面倒臭さやダルさというものを感じていました。なんて勿体無いことをしていたのだろうと今更ながらに思います。


また食べたいだけ食べて、飲みたいだけ飲むは、それはもっともっとと望む黒パターンのなせる技だと思いました。


自分を律する。それは心の在り方から生活週間まで、自分でコントロールすることだと思います。

そこに喜びを感じられるのは、自分のサイズを知っているからなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page