top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日ある人と電話で話していた時に、その方は体を壊してまで仕事をし、更に仕事を拡大しようとしているので「どうしてそこまでしてするの?」と聞いてみました。すると「自分の名前を残したい」と話していました。私は意味が分からず「え?歴史に名前を残したいっていうこと?」と聞くと「ただありがとうと思われたいだけ、死んだ時にそう思ってもらいたいだけだよ」と話していました。その意味がよく分からず、後日先生に聞いたところ、存在意義よ、存在意義を求めているのよと教えてもらいました。渡辺さんもあったでしょ、そういう頃。


うん、あった・・・

私も昔は会社をやって地位を得たり、お金を得たりすることで、自分の存在意義が得られると思っていたのです。自分の存在意義を外に必死に求め、自分が一角の人物になればそう思われる、お金や権力を得て、また他人にもそれらを与えられたら感謝や賞賛を得られて、自分の存在意義が得られる思っていたのです。今思い返すと、他人からそれらを得られた事はありませんでした。どれだけ存在意義を外に求めても、心の渇きが潤うことはなかったのです。


そしてしばらくするうちに、私自身、もうそれを求めなくなっていることに気が付きました。どうしてなんだろうと考えてみると、パターンがそこまで強く存在意義を求めていないことに気が付いたんです。それはなぜかというと、思い当たるのはひとつだけ、それは語りかけへの文言です。


「あなたはあなたのまま、そのままそこにいていいからね、出てきてくれてありがとう」


このパターンを尊重する語りかけが、もっともっとと、自分の存在意義を外に求めなくなってきたのだと思います。そしてパターンは自分のことをそのままで良いと思えるようになり、私自身も少しづつ自分を尊重できるようになってきたのだと思いました。


きっと、以前の私のように心に乾きを感じている人は沢山いて、存在意義を求めて彷徨う方はいるのだと思います。なら尚更、自分で自分を癒し、救うことができることを伝えていきたい。そんなことを思う電話でした。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page