• 渡邊 優

「自分は特別」

そんな風に自分のことを思っていた時期がありました。

(もちろんパターンです)

会社もやった。社長もやった。

そこそこ成功もした。

だから自分は特別だと、そう思っていたのです。


だから以前の私は、カウンセラー仲間の日記もどこか自分と比べジャッジして読んでいました。

それは、自分より進んでいるのか、自分の方が上か、これは自分の方が優れているな、などと比べ一喜一憂していたわけです。

そこに何の意味があるのか?頭で考えるとそう答えが出て来ますが、そこはパターンなので思考よりも先に、不安や恐れ、焦りという感情が先に現れます。

その焦りや不安をベースにして他者と比べていたのです。

仲間のそのままの日記を読んでいなかったのです。


そんな自分に気づいたとき、まだこんなことやっているのか自分は・・と自分を裁くことも同時にしていました。

他人をジャッジ⇄自分を裁く、このループをしていたわけです。

そして、せめて自分を裁くのはだけはもうやめよう。と決意してから暫くして、何となく出てきた白パターンが、仲間の日記から学ばせてもらおうでした。


今ではカウンセラー仲間の日記を読むことで、気づきや学びとなり、さらにはその仲間達が私の日記に感想を言って下さり、それがまた気づきとなり、日々、沢山のことを様々な方から学ばせて貰っています。

本当に感謝しかない。

ありがたい話しです。


こんな風にして少しづつでいい。

今日も明日も、魂と共に成長していけたらいい。そんなことを思います。




最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同