• 渡邊 優

「自分は特別」

そんな風に自分のことを思っていた時期がありました。

(もちろんパターンです)

会社もやった。社長もやった。

そこそこ成功もした。

だから自分は特別だと、そう思っていたのです。


だから以前の私は、カウンセラー仲間の日記もどこか自分と比べジャッジして読んでいました。

それは、自分より進んでいるのか、自分の方が上か、これは自分の方が優れているな、などと比べ一喜一憂していたわけです。

そこに何の意味があるのか?頭で考えるとそう答えが出て来ますが、そこはパターンなので思考よりも先に、不安や恐れ、焦りという感情が先に現れます。

その焦りや不安をベースにして他者と比べていたのです。

仲間のそのままの日記を読んでいなかったのです。


そんな自分に気づいたとき、まだこんなことやっているのか自分は・・と自分を裁くことも同時にしていました。

他人をジャッジ⇄自分を裁く、このループをしていたわけです。

そして、せめて自分を裁くのはだけはもうやめよう。と決意してから暫くして、何となく出てきた白パターンが、仲間の日記から学ばせてもらおうでした。


今ではカウンセラー仲間の日記を読むことで、気づきや学びとなり、さらにはその仲間達が私の日記に感想を言って下さり、それがまた気づきとなり、日々、沢山のことを様々な方から学ばせて貰っています。

本当に感謝しかない。

ありがたい話しです。


こんな風にして少しづつでいい。

今日も明日も、魂と共に成長していけたらいい。そんなことを思います。




最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

個人セッション

今日は久しぶりにカウンセリングの先生との個人セッションでした。 ここ1ヶ月ほど悶々としていたことが整理できてよかったです。この悶々としてきたパターン、1ヶ月ほど一人相撲をとっていたのですが、全く解消されずに今日に至ったのでした。その悶々とするパターンというのが「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」というものだったのです。 まだしっかりと向き合っていないためザックリとですが、このパターンの持つ思い通りの自

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com