top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「自分は特別」

そんな風に自分のことを思っていた時期がありました。

(もちろんパターンです)

会社もやった。社長もやった。

そこそこ成功もした。

だから自分は特別だと、そう思っていたのです。


だから以前の私は、カウンセラー仲間の日記もどこか自分と比べジャッジして読んでいました。

それは、自分より進んでいるのか、自分の方が上か、これは自分の方が優れているな、などと比べ一喜一憂していたわけです。

そこに何の意味があるのか?頭で考えるとそう答えが出て来ますが、そこはパターンなので思考よりも先に、不安や恐れ、焦りという感情が先に現れます。

その焦りや不安をベースにして他者と比べていたのです。

仲間のそのままの日記を読んでいなかったのです。


そんな自分に気づいたとき、まだこんなことやっているのか自分は・・と自分を裁くことも同時にしていました。

他人をジャッジ⇄自分を裁く、このループをしていたわけです。

そして、せめて自分を裁くのはだけはもうやめよう。と決意してから暫くして、何となく出てきた白パターンが、仲間の日記から学ばせてもらおうでした。


今ではカウンセラー仲間の日記を読むことで、気づきや学びとなり、さらにはその仲間達が私の日記に感想を言って下さり、それがまた気づきとなり、日々、沢山のことを様々な方から学ばせて貰っています。

本当に感謝しかない。

ありがたい話しです。


こんな風にして少しづつでいい。

今日も明日も、魂と共に成長していけたらいい。そんなことを思います。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page