top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分のやれることをやればいい。


誰かと比べたり、大きな目標を持ってしまうと自分のやれること、できることが見えなくなってしまします。あの人のように、もっと頑張らなければなど、もしかしたら間違った頑張り方をしているのかもしれません。


自分のやれること、できることというのは有限だと思います。それも人それぞれであり、今のその人に合った、自分に合ったできることというのがあるのだと思いました。

しかも、良い塩梅というのは自分にしか分からず、受け入れられる容量も、無理ができる程度も、他人にはなかなか見えづらいのかもしれません。


無理をし過ぎるのもストレス過多となりますが、ほんの少しの無理は成長には必要だったりします。


自分のやれること、できることを把握しつつ、少しづつその枠を広げていけば良いのだと思いました。


そして自分のやれることをやればいい、というのは、決して誰かに認められたり、受け入れられたりするためのものではないのだと思いました。


自分のやれることを頑張っていこう、そう思う朝でした。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page