top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私にとっての成功って何だろう?と考えていました。

一般的には、経済的成功、時間の自由、個人的な成功(なりたい職業に就くなど)充足感、幸せな家庭、可愛い子供たち、可愛い孫に囲まれるなど、そういったことだと思います。

それはそれで十分な成功だと思います。


でも、もう一歩先の、私にとっての成功を考えたとき、それは、自分のことは自分でやっていく、自分を引き受けていく、自分の全のパターンももうだし、そこから生まれる感情。怒り、腹立たしさ、悲しみ、苦しみ、寂しさ、悔しさ、怖さ、恐れ、不安、迷い、そう言ったものを他人のせいではなく、自分のものとして引き受けていく「自立」というところに、私にとっての目指すべき成功があると思いました。


「私は私のままでいい、あなたはあなたのままでいい」

セミナーで教えてもらった言葉ですが、この言葉はすごく好きで、自分にも、相手にも抵抗感がなく、流れていくままをただ眺めている。そんな達観している気もしますし、自分の中も、相手の中も、そのままでいいという、ものすごい愛がある気もします。きっと両方なのでしょう。


そんな風に、個々にとっての成功は違っていいものだと思いました。

比べるものじゃないんだな・・と。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page