• 渡邊 優

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。

浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・

一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。


隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそうだそうだと満たされて、浮き足立ち、天下のごとく説明していたのです。


私の場合、特権意識という特別感はいたるところにあって、ほんのちょっと自分ができることがあると顔を出します。すごいぞ自分、と言いたくなるほどの優越感を感じ、パターンは人より優っていると思いたいのだと思いました。


正直なところ、現実的に見たら私より釣りが上手な人は山ほどいて、それを職業にしている人もいます。ましてや私自身もとても釣りが上手な人から教わりました。あの釣りの先輩は決して自分は特別だと思って説明していなかったと思う。なぜならとても丁寧に、親切に教えてくれたから。


私も人から聞かれた時は黒パターンで説明するのではなく、ちゃんと親切に関わって行きたいと思った出来事でした。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が