• 渡邊 優

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。

浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・

一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。


隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそうだそうだと満たされて、浮き足立ち、天下のごとく説明していたのです。


私の場合、特権意識という特別感はいたるところにあって、ほんのちょっと自分ができることがあると顔を出します。すごいぞ自分、と言いたくなるほどの優越感を感じ、パターンは人より優っていると思いたいのだと思いました。


正直なところ、現実的に見たら私より釣りが上手な人は山ほどいて、それを職業にしている人もいます。ましてや私自身もとても釣りが上手な人から教わりました。あの釣りの先輩は決して自分は特別だと思って説明していなかったと思う。なぜならとても丁寧に、親切に教えてくれたから。


私も人から聞かれた時は黒パターンで説明するのではなく、ちゃんと親切に関わって行きたいと思った出来事でした。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価