• 渡邊 優

今年初のセミナー二日間、しっかり学ばせていただきました。

私にとっては、決めつけない、ということを強く学んだ二日間でもありました。

決めつけてしまう。これってパターンの典型で、今まで通りの物事の見方、取り方で世界を見てしまい、今まで通りのパターンの反応で生きてしまう。そこを変えていくにはやはり、普段からのワークと実践、これがとても大事だと改めて認識することでもありました。


以前読んだ本で「負けることとは自由になることだ」と書いてありました。

負け=ダメなこと、下になること

そう決めつけていた私には目から鱗の言葉で、とても印象に残ったのを覚えています。

そうかぁ〜〜!と。

それは勝ちという執着からの自由であったり、勝敗や上下の世界からもう降りる、ということでもあると思ったのです。


決めつけて生きてしまうと、不慮の出来事にどうしても苦しさがつきまといます。

しかし、新たな意味づけは人をどんどん自由にして、楽にしていきます。

新たな意味づけを沢山作っていく、これも今年の課題にしていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で