• 渡邊 優

今日の日記は、女性からしたらちょっとビックリするする内容かもしれません。

その内容とは、私の中にある母を求めるパターン、お母さんにもっと愛されたかった。というパターンについてです。このパターンを放っておくと、自分の彼女や妻に、自身の母親を投影して無意識に母親を求めてしまうものというものです。


私の場合は、母親にもっと甘えたかった、もっと大事にされたかった、もっと愛されたかった、もっと大切にされたかった。もっともっと・・こういった心の叫びを感じます。それは未だにあって、いつの日か落ち着いてくれたらいいな〜くらいの気持ちで語りかけています。私は決してマザコンではないのですが、パターンとしてはそういった想いが強く、時々語りかけるようにしています。


今思い返すと、私は女性全般に対して"愛されたい"という想いが強かったと思います。

それはきっと、女性に対して自分の母親を求め、理想の母親のように自分を扱い、愛して欲しい。そういったパターンの想いだったのだと思います。


今はまだ白を選べる段階ではありませんが、いつの日か、逆にサポートできるような立場でありたい。そのように思います。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで