• 渡邊 優

未来の年表1.2を読みました。

少子高齢化とは、一体どんな事態なのか。どのようなことがこれから待ち受けているのか?

年金問題、社会保障問題、女性の人口の50%が、既に50歳以上となり、これから更に加速する少子高齢化社会。

人口減少問題とは、すぐに気が付く問題ではなく、真綿で首を絞められるように、ゆっくりゆっくりとその足音は近づいてくると、著者は訴えています。

不都合な真実という裏の題名通り、読んでいて目を覆いたくなるような、耳を塞ぎたくなるような現実ばかりでしたが、一番印象に残った内容は、これからの子供達についてのことでした。


自分たちの年金の心配ばかりしている大人達を見て、子供達はどう感じているのか。

初老の方達が、自分達を逃げ切り世代と安心し、これから迫る、国難ともいうべき責任と債務を負う子供達の気持ちを考えて欲しいと、著者は訴えます。

一人ひとりの国民が、今できること、今からでもできることをしっかりと考えて、小さな一歩を行動に移して欲しいと。


少なからず、自分のケツは自分で拭いて、負の遺産だけは次の世代に残すまいと、最低限、それだけはしないように生きていこうと心に誓いました。


まだ実感がない方、国がきっとなんとかすると思っている方は、是非一読をお勧めします。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。