• 渡邊 優

未来の年表1.2を読みました。

少子高齢化とは、一体どんな事態なのか。どのようなことがこれから待ち受けているのか?

年金問題、社会保障問題、女性の人口の50%が、既に50歳以上となり、これから更に加速する少子高齢化社会。

人口減少問題とは、すぐに気が付く問題ではなく、真綿で首を絞められるように、ゆっくりゆっくりとその足音は近づいてくると、著者は訴えています。

不都合な真実という裏の題名通り、読んでいて目を覆いたくなるような、耳を塞ぎたくなるような現実ばかりでしたが、一番印象に残った内容は、これからの子供達についてのことでした。


自分たちの年金の心配ばかりしている大人達を見て、子供達はどう感じているのか。

初老の方達が、自分達を逃げ切り世代と安心し、これから迫る、国難ともいうべき責任と債務を負う子供達の気持ちを考えて欲しいと、著者は訴えます。

一人ひとりの国民が、今できること、今からでもできることをしっかりと考えて、小さな一歩を行動に移して欲しいと。


少なからず、自分のケツは自分で拭いて、負の遺産だけは次の世代に残すまいと、最低限、それだけはしないように生きていこうと心に誓いました。


まだ実感がない方、国がきっとなんとかすると思っている方は、是非一読をお勧めします。



最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう