• 渡邊 優

「必要とされたい・・・」

このパターンがあることに気がつきました。

なぜならば、必要とされれば・・

自分の存在価値を感じられるし、自分の自信にもなるし、大切にされると思うから。

だから必要とされていないと思うと、寂しくて、孤独感を感じ、虚無感を抱くと、パターンは思っているんです。

だから必要とされたいあまりに自分を差し出す、なんてこともしていたと思います。

どうぞどうぞ私を自由に使って下さいと。


それはこのパターンに限らず、大切にされたいや、愛されたい、認められたいなど、これらのパターンでも同じ行動をとっていたと思います。そうやって自分の存在に価値を見出そうとしていました。


しかし今思うのは、ただ都合よく使われることもしばしばで、それはそれでパターンは不満を抱き、決して満たされるものでもないということ。

また必要とされたとてパターンが満たされるのは一瞬で、その後虚しさを抱いていました。

きっとパターンの喜びは表面的で、浅はかなのでしょう。故に次から次に求めてしまう、中毒的に。


パターンが喜んでいることに気づいたら、

◯私はもうそのことで喜ぶレベルじゃない


そこには明らかに強い意志力と、強さを感じます。徹底して。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で