top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人を当てにしない、というよりも、他人は当てにならないということに早く気づいた方がいいのだと思いました。当てにならない、例えそれが両親であってもです。こういうと、育児放棄とかでもいいのかという話になりますが、そういうことではなく、自分のパターンが望む、他人を当てにするということを、しない方がいいということです。


他人は自分の望むことを言ってはくれないし、思ってもくれないです。また思い通りに愛してはくれないし、分かってもくれない。寧ろその逆のことさえ起こります。そりゃそうです、相手も同じパターンを持ってそれを望んでいるのですから。だから衝突も起こります。


だから、他人を当てにするのではなく、自分を当てにした方がいいのだと思いました。それは、当てになる自分へと成長したた方がいいし、信頼できる自分へ、信用できる自分へと自分を育て、自分を愛していけばいいと思います。また、自分を認めて、許してあげればいいし、分かってあげればいいのだと思いました。

最近自分のパターンを見ていたら、そのことを強く思うようになりました。

他人は当てにならないし、そもそも当てにするものじゃないんだと。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page