top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人を当てにしない、というよりも、他人は当てにならないということに早く気づいた方がいいのだと思いました。当てにならない、例えそれが両親であってもです。こういうと、育児放棄とかでもいいのかという話になりますが、そういうことではなく、自分のパターンが望む、他人を当てにするということを、しない方がいいということです。


他人は自分の望むことを言ってはくれないし、思ってもくれないです。また思い通りに愛してはくれないし、分かってもくれない。寧ろその逆のことさえ起こります。そりゃそうです、相手も同じパターンを持ってそれを望んでいるのですから。だから衝突も起こります。


だから、他人を当てにするのではなく、自分を当てにした方がいいのだと思いました。それは、当てになる自分へと成長したた方がいいし、信頼できる自分へ、信用できる自分へと自分を育て、自分を愛していけばいいと思います。また、自分を認めて、許してあげればいいし、分かってあげればいいのだと思いました。

最近自分のパターンを見ていたら、そのことを強く思うようになりました。

他人は当てにならないし、そもそも当てにするものじゃないんだと。

最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

コメント


bottom of page