• 渡邊 優

「幸せになる勇気 アドラーの教えⅡ」著 岸見一郎を読みました。

哲人と青年の対話形式となっているので非常に読みやすく、グイグイと引き込まれ、本が線だらけになりました(笑


今回もまた、自身の理解と整理のためにもここに記しておきます。

アドラーが教える人生のタスクには、仕事のタスク、交友のタスク、愛のタスクとあり、

特に愛のタスクが非常に面白かったので、今回はアドラーの教える、この愛のタスクを紹介します。


アドラーの教える愛のタスクとは、観念的な神の愛ではなく、本能的な動物の愛でもなく、「人間の愛」をテーマにしています。

一般的な愛とは、自然に恋に落ちるように制御不能で意志の力が及ばない、物欲に取り憑かれるようなものだと説明します。

しかしアドラーは、我々人間は神でも動物でもない、「人間の愛」を考えなければならないといいます。それは意志の力を使い、「築き上げていく愛」だと。

私の幸せでもなく、あなたの幸せでもなく、「わたしたちの幸せ」を優先して挙げるのです。

私だった人生の主題は私たちに変わり、幸福なる生を受け入れるためにも「わたし」は消えてなくなるべきだと。


他者を愛することによって、ようやく人間は大人になり、自立するのですと。

だから愛する「技術」を身につけ、愛することを恐れてはいけないんだよと、教えています。

たった二人からはじまった「私たち」は、やがて共同体全体に、そして人類全体にまでその範囲を広げていくでしょうと。


確か、先日読んだ本のケンウィルバーも同じことをいっていました。

人類全体から、地球全体に、そして宇宙へと意識が広がっていくと。


人の成長、進化というものは自分という個から離れて、他者を気遣い、やがては人類全体を気遣い、地球という星から宇宙という全体にまで派生しいくのだなと....

ここまで壮大なビジョンですと私のミームでは全く想像ができません.....

ですが、まだまだ私の知らない領域を、全体の一部として、しっかり機能していこうと思いました。


良い勉強になりました。




最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価