• 渡邊 優

「幸せになる勇気 アドラーの教えⅡ」著 岸見一郎を読みました。

哲人と青年の対話形式となっているので非常に読みやすく、グイグイと引き込まれ、本が線だらけになりました(笑


今回もまた、自身の理解と整理のためにもここに記しておきます。

アドラーが教える人生のタスクには、仕事のタスク、交友のタスク、愛のタスクとあり、

特に愛のタスクが非常に面白かったので、今回はアドラーの教える、この愛のタスクを紹介します。


アドラーの教える愛のタスクとは、観念的な神の愛ではなく、本能的な動物の愛でもなく、「人間の愛」をテーマにしています。

一般的な愛とは、自然に恋に落ちるように制御不能で意志の力が及ばない、物欲に取り憑かれるようなものだと説明します。

しかしアドラーは、我々人間は神でも動物でもない、「人間の愛」を考えなければならないといいます。それは意志の力を使い、「築き上げていく愛」だと。

私の幸せでもなく、あなたの幸せでもなく、「わたしたちの幸せ」を優先して挙げるのです。

私だった人生の主題は私たちに変わり、幸福なる生を受け入れるためにも「わたし」は消えてなくなるべきだと。


他者を愛することによって、ようやく人間は大人になり、自立するのですと。

だから愛する「技術」を身につけ、愛することを恐れてはいけないんだよと、教えています。

たった二人からはじまった「私たち」は、やがて共同体全体に、そして人類全体にまでその範囲を広げていくでしょうと。


確か、先日読んだ本のケンウィルバーも同じことをいっていました。

人類全体から、地球全体に、そして宇宙へと意識が広がっていくと。


人の成長、進化というものは自分という個から離れて、他者を気遣い、やがては人類全体を気遣い、地球という星から宇宙という全体にまで派生しいくのだなと....

ここまで壮大なビジョンですと私のミームでは全く想像ができません.....

ですが、まだまだ私の知らない領域を、全体の一部として、しっかり機能していこうと思いました。


良い勉強になりました。




最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。