top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は天皇陛下の誕生日でした。テレビで天皇陛下の61歳誕生日会見を拝見しました。

その冒頭のインタビューで、コロナウイルスの感染拡大について話されていました。

「日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もありました。これまでの歴代天皇の御事蹟を辿れば、天変地異等が続く不安定な世を鎮めたいとの思いを込めて奈良の大仏を作られた聖武天皇、疫病の収束を願って般若心経をしょさされた平安時代の沙羅天皇・・・」


日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もあったんですね。困難な時期に不安や恐れに駆られるとどうしても目の前のことしか考えられなく、見えなくもなります。しかし日本はそんな困難を幾度も乗り越えてきました。だから今回も乗り越えられるし、これからも乗り越えていける。天皇陛下のお言葉を聞くと、そんな風に不思議と思えてきます。


天皇陛下のお言葉には、深く、広く、長い知見から物事をみてとっているのがわかります。

困難に遭遇したとき、このような考えは大事だと思います。目の前のことをしっかりやりながらも、この陛下の言葉を思い出していこうと思いました。


最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page