• 渡邊 優

昨日は天皇陛下の誕生日でした。テレビで天皇陛下の61歳誕生日会見を拝見しました。

その冒頭のインタビューで、コロナウイルスの感染拡大について話されていました。

「日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もありました。これまでの歴代天皇の御事蹟を辿れば、天変地異等が続く不安定な世を鎮めたいとの思いを込めて奈良の大仏を作られた聖武天皇、疫病の収束を願って般若心経をしょさされた平安時代の沙羅天皇・・・」


日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もあったんですね。困難な時期に不安や恐れに駆られるとどうしても目の前のことしか考えられなく、見えなくもなります。しかし日本はそんな困難を幾度も乗り越えてきました。だから今回も乗り越えられるし、これからも乗り越えていける。天皇陛下のお言葉を聞くと、そんな風に不思議と思えてきます。


天皇陛下のお言葉には、深く、広く、長い知見から物事をみてとっているのがわかります。

困難に遭遇したとき、このような考えは大事だと思います。目の前のことをしっかりやりながらも、この陛下の言葉を思い出していこうと思いました。


最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ