• 渡邊 優

昨日は天皇陛下の誕生日でした。テレビで天皇陛下の61歳誕生日会見を拝見しました。

その冒頭のインタビューで、コロナウイルスの感染拡大について話されていました。

「日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もありました。これまでの歴代天皇の御事蹟を辿れば、天変地異等が続く不安定な世を鎮めたいとの思いを込めて奈良の大仏を作られた聖武天皇、疫病の収束を願って般若心経をしょさされた平安時代の沙羅天皇・・・」


日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もあったんですね。困難な時期に不安や恐れに駆られるとどうしても目の前のことしか考えられなく、見えなくもなります。しかし日本はそんな困難を幾度も乗り越えてきました。だから今回も乗り越えられるし、これからも乗り越えていける。天皇陛下のお言葉を聞くと、そんな風に不思議と思えてきます。


天皇陛下のお言葉には、深く、広く、長い知見から物事をみてとっているのがわかります。

困難に遭遇したとき、このような考えは大事だと思います。目の前のことをしっかりやりながらも、この陛下の言葉を思い出していこうと思いました。


最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側