top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は早朝から釣りに行っていました。

しかし釣れたのは小さな小さなタコ一匹・・・・


しかし大海原の中でワークをするのは本当に気持ちいい!

●認められたい

という黒パターンに語りかけをして、白黒ワークで

◯もう他人を使って自分の黒パターンを満たすのはやめよう

をやっていると、自然の力も相まってか、溶けるような気持ちよさを感じました。


この解放感、自由さ、楽さ、これぞ人が生涯をかけて求めていたものかもしれないと思いました。


お金や地位や権力をもってしても、この心の解放感は味わえないだろうと思います。

というか、味わえませんでした。

どれほど自分の黒パターンを他人やお金を使って埋めようとも、他人を自分の思い通りにしようとも、一瞬の優越感はあっても、後からくるのはいつも焦燥感でした。


それはきっと、黒パターンというものは常に満たしていないと落ち着かないのだと思います。

それだけ怖くて不安なのだと思いました、黒パターンたちは。


そんな黒パターンたちを認め、許しつつも、もう黒パターンを満たすゲームからは降りよう。

それを決めちゃってもいいいよな。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page