• 渡邊 優

個の時代が、益々はっきりしてくると思いました。


テレワークで会社に行かなくても良い環境になりつつあり、人と会う機会も減り、距離も遠くなる。

物理的にも心理的にも。


そんな時に大切になってくるのが自分の哲学だと思いました。

自分の哲学を持って生きていけば、外部要因に変化があろうと、軽やかに生きて行けると思います。


それは他と協調しなくなったり、他を尊重しないということではなく、自分の生き方や在り方を良き方向に示してくれる新たなる指針です。

今はまさに、その方向性を根本的に見直す良い機会にも思います。


自分に対しての優しい哲学もいいと思います。

もうそんなに怖がらなくてもいい、もうそんなに怯えなくてもいい、もしかしたら自分は大丈夫かもしれない、などなど。

自分に対しての優しい言葉は、他人にも優しくなれるから。


自分の世界をどうぞ見直してみて下さい。

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問