• 渡邊 優

思い通りじゃなきゃ嫌だ!というパターンが久しぶりにドカンと発動しました。

自宅のマンションに帰ってきたら、立体駐車場が検査中のため車を止めることができなかったのです。

検査をしている方にどれくらいかかる?と聞いたら、暫くかかるとのこと・・・


私の黒パターンは「俺の駐車場だぞ〜!金だって払っているんだ!なんだ暫くとは!けしからん!止める権利が俺にはあるんだ!」と憤慨したのです。

このままではパターンで何かを言ってしまうと思ったので(それくらいの勢いがあった)一旦車をマンションの裏に止めて家に帰り、このパターンをちゃんと見てみました。

パターンからしたら相手の言いなりになる、ということは負けたこととなり、また負けること自体も許せなかったのです。またお金も払っているというところも引っかかった原因でした。


お金を払っている=上

なのに

思い通りにならない=負け

だから許せない。

この図式が成り立っているのがわかりました。


その後検査が終わったのを見計らって車を自分の駐車場に止めました。


検査員の方はまた違う駐車場を検査していました。

さっきは文句の一つでも言ってやろう!と思っていたのですが今考えると「何をいうつもり?」と、自問自答していました。仕事をしている検査員の後ろ姿に悪意は感じられなかったのです。黒パターン任せにしないで良かったと思う一幕でした。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が