top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

思い通りじゃなきゃ嫌だ!というパターンが久しぶりにドカンと発動しました。

自宅のマンションに帰ってきたら、立体駐車場が検査中のため車を止めることができなかったのです。

検査をしている方にどれくらいかかる?と聞いたら、暫くかかるとのこと・・・


私の黒パターンは「俺の駐車場だぞ〜!金だって払っているんだ!なんだ暫くとは!けしからん!止める権利が俺にはあるんだ!」と憤慨したのです。

このままではパターンで何かを言ってしまうと思ったので(それくらいの勢いがあった)一旦車をマンションの裏に止めて家に帰り、このパターンをちゃんと見てみました。

パターンからしたら相手の言いなりになる、ということは負けたこととなり、また負けること自体も許せなかったのです。またお金も払っているというところも引っかかった原因でした。


お金を払っている=上

なのに

思い通りにならない=負け

だから許せない。

この図式が成り立っているのがわかりました。


その後検査が終わったのを見計らって車を自分の駐車場に止めました。


検査員の方はまた違う駐車場を検査していました。

さっきは文句の一つでも言ってやろう!と思っていたのですが今考えると「何をいうつもり?」と、自問自答していました。仕事をしている検査員の後ろ姿に悪意は感じられなかったのです。黒パターン任せにしないで良かったと思う一幕でした。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page