top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人からの自立、彼女からの自立。

それは他人と、彼女への依存からの卒業ですが、この依存といものは、とても危険なものに思えてきました。


"依存"この私のパターンは、「嫌われたくない」「捨てられたく無い」「愛されたい」「大切にされたい」「認められたい」「一人では生きていけない」等々というものですが、嫌われたくない、捨てられたくない、愛されたい、認められたいが故に、他人や彼女の都合のいい人になってしまうというものです。


これは他人に自分を差し出してしまい、自分を大切にしないどころか、自分の人生を生きていないということでもあります。それは自分の可能性を自ら潰し、本来あるべき自分の力を使って生きていないということであり、「私」本来の人生の目的と大きく逸れていると思いました。


きっと本当の「私」は「私」の普遍的な資質を使い、「私」を表現して生きていく。それは今生での一つの目的でもあるの思うのです。


しかも、他人に依存してしまうと、他人次第という振り回される生き方になってしまい、本来の在り方から大きく逸れてしまいます。


さらに言えば、相手も都合のいい人間に依存し、共依存の関係になってしまう。


これではお互いに成長するどころではなく寧ろ、弱さや脆さを助長し、依存を強くしてしまうため、この関係性は非常に危険な、諸刃の生き方のように思いました。


益々自立しなければ!そんな風に思った次第です。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page