• 渡邊 優

今週のバレエレッスンはいつもの先生がコロナで倒れたため、久しぶりに大先生のレッスンでした。

大先生はガニ股、立て膝で椅子に座り、その風体は男性そのもの、いや、男性よりもオッカナイ・・・


その大先生のレッスンで気づいたことがありました。

それは余計なものが一切ないということです。

無駄口もなければ余計なおしゃべりも、会話もない。バレエを指導して、必要であれば注意をし、ただレッスンに集中するというもの。

当然和気あいあいもなければ、笑顔もない。でもそれが妙に心地いいんです。


気を遣ったりすることのない淡々と進んでいく厳しいレッスン。

そこには、ここに何をしにきたのかという明確な答えがある気がしました。

それは、バレエをしにきているという、それ以外に余計なものが一切ない、シンプルな答えです。

このシンプルなスタンスというのは、この大先生の哲学なのだと思いました。

(パッションはあります。アツいです)


レッスンとは何か、学びとは何か、それは黒パターンを介入させずに、ガチで学び、ガチでレッスンを受ける、成長や上達のために。


余計なものはないけど、ガチがある。

そんな新たな意味づけを学んだ気がしたレッスンでした。

最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で