top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今週のバレエレッスンはいつもの先生がコロナで倒れたため、久しぶりに大先生のレッスンでした。

大先生はガニ股、立て膝で椅子に座り、その風体は男性そのもの、いや、男性よりもオッカナイ・・・


その大先生のレッスンで気づいたことがありました。

それは余計なものが一切ないということです。

無駄口もなければ余計なおしゃべりも、会話もない。バレエを指導して、必要であれば注意をし、ただレッスンに集中するというもの。

当然和気あいあいもなければ、笑顔もない。でもそれが妙に心地いいんです。


気を遣ったりすることのない淡々と進んでいく厳しいレッスン。

そこには、ここに何をしにきたのかという明確な答えがある気がしました。

それは、バレエをしにきているという、それ以外に余計なものが一切ない、シンプルな答えです。

このシンプルなスタンスというのは、この大先生の哲学なのだと思いました。

(パッションはあります。アツいです)


レッスンとは何か、学びとは何か、それは黒パターンを介入させずに、ガチで学び、ガチでレッスンを受ける、成長や上達のために。


余計なものはないけど、ガチがある。

そんな新たな意味づけを学んだ気がしたレッスンでした。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page