• 渡邊 優

今週のバレエレッスンはいつもの先生がコロナで倒れたため、久しぶりに大先生のレッスンでした。

大先生はガニ股、立て膝で椅子に座り、その風体は男性そのもの、いや、男性よりもオッカナイ・・・


その大先生のレッスンで気づいたことがありました。

それは余計なものが一切ないということです。

無駄口もなければ余計なおしゃべりも、会話もない。バレエを指導して、必要であれば注意をし、ただレッスンに集中するというもの。

当然和気あいあいもなければ、笑顔もない。でもそれが妙に心地いいんです。


気を遣ったりすることのない淡々と進んでいく厳しいレッスン。

そこには、ここに何をしにきたのかという明確な答えがある気がしました。

それは、バレエをしにきているという、それ以外に余計なものが一切ない、シンプルな答えです。

このシンプルなスタンスというのは、この大先生の哲学なのだと思いました。

(パッションはあります。アツいです)


レッスンとは何か、学びとは何か、それは黒パターンを介入させずに、ガチで学び、ガチでレッスンを受ける、成長や上達のために。


余計なものはないけど、ガチがある。

そんな新たな意味づけを学んだ気がしたレッスンでした。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実