top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の中にあるネガティブなものたちに何を与えるのか・・・


そもそも自分の中のネガティブなものを中々見ようとしませんでした。

ネガティブはいけないもの、ダメなものと決めつけ、ジャッジしていたからです。

そうすると当然与えるものは決まってきます。裁きに軽蔑、許されざるものとして自分の中に押し込め、見て見ぬ振りをするんです。なかったことのように。


そうするとそれはどんどん大きくなり、常に怒りを抱えたような、悶々とした鬱積だけが心に残っていました。きっとそれは、救われずにいたパターンたちの嘆きだったのです。


しかし、そのネガティブなものたちに理解や受容という光を与え、癒していくうちに、それはらはあっていいものとして許され、少しづつ少しづつ落ち着いていきました。


少しづつですが、その子達にも笑顔が戻ってきたようにも思います。安心したような、満足したようなそんな笑顔です。


自分に何を与えるのかはとても大事なことだと思います。

裁きや否定なのか、理解や許しなのか、それによりネガティブなものたちの質が変わります。


何を与えていくのか、もっともっと光を与えていいのだと思う。


最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


bottom of page