• 渡邊 優

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。

私もそうでした。

他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。

またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。

また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。


そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価で自分を苦しめるのはやめよう、を選ぶというものです。その甲斐あってか、少しづつですが、その領域から少し抜けてきた感もあります。(怠るとすぐに戻るので今も選び続けていますが!)


そして最近思うのは、他人との比較や評価に一喜一憂するのではなく、自分はどうありたいのか?そこが一番大事になってくるのでは?と思いました。

それは、誰かの考えや意見ではなく、自分の哲学です。

ですから、他人の理解や承認は必要なく、自分が納得できればいい、そういった自分だけのものとなります。他人は関係ない、自分の人生を生きるとはこういうことだと思いました。

人は他人の目で生きるのではなく、自分の哲学や感性で生きる方が幸せなのかもしれません。

なぜなら、とっても自由だからです。


最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側