• 渡邊 優

最近、エックハルト・トールさんの色々な本を読んでいます。

そしてこの方の洞察力には偉く勉強させられます。


どの本にも共通して訴えかけているのは「今」です。

さとりをひらくとは今に在ることだと言います。

その邪魔をするのはやはり思考だと。


(以下本からの抜粋)

問題とは、未来の思考の中にだけ存在する。

もう「思考に価値を与える」問題を探したりせずに、今という状況を受け入れるだけだ。

今にあるのは状況だけだ。たとえ今に取り組まれる状況が持ち上がったとしても「今に在る」限り行動は的を射たものになります。

行動は、過去の経験によって条件付けられた思考が起こすリアクションではなく、洞察力によるものです。


通常ここでの思考は、ほとんどがパターンでの思考だと思います。

このパターンでの思考をやめての今に在る、という目覚めた状態にいる事がさとりだと著者は言います。


私もこの自粛中に何度もトライしていますが、特に長い時間、今に在る状態が続かない。

しかし今を意識していられる方が、確実に疲れない。

これは、自分の中でゲームみたいに続けているものです。

この今を意識するゲーム。

達人になってみたいな!

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側