• 渡邊 優

エックハルトトールさんのニューアースを読み返して、以前本当にちゃんと俺読んだ??

と思うほど、全然理解していなかったなと思いました。

それほど今回の内容は刺激的で、どんどん実践していきたいと思う内容だったのです。


著者はとにかく「今」にいなさいと言います。

「今」この瞬間という一歩から全てが成り立っているということ。

常にあるのは「今」という一歩だけだと気付くこと。

「今」に全ての関心を注ぐこと。


それほど私たちは思考(パターン)に囚われて、思考の奴隷になっている。

思考は常にネガティブ性を求める。

だから思考から離れて「今」この瞬間を人生の真ん中に据えるのです。と著者は言います。

それほど人は、思考に囚われていると。


確かにそうだと思います。

未来を考えたり、過去から検証してみたり、意識しないと思考の癖がついてまわります。

またテレビでもネットでも、全て無意識の状態です。もしくはパターンが求めて見ている。


この本を改めて読んでみて、このような沢山のことに気づかされました。

少し意識するだけで世界の見方が変わることも、違う次元で見ていることにも気づかされます。

意識的に生きることを、もっともっと経験してみたい。

違うレベルでの新たな経験を。

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問