• 渡邊 優

エックハルトトールさんのニューアースを読み返して、以前本当にちゃんと俺読んだ??

と思うほど、全然理解していなかったなと思いました。

それほど今回の内容は刺激的で、どんどん実践していきたいと思う内容だったのです。


著者はとにかく「今」にいなさいと言います。

「今」この瞬間という一歩から全てが成り立っているということ。

常にあるのは「今」という一歩だけだと気付くこと。

「今」に全ての関心を注ぐこと。


それほど私たちは思考(パターン)に囚われて、思考の奴隷になっている。

思考は常にネガティブ性を求める。

だから思考から離れて「今」この瞬間を人生の真ん中に据えるのです。と著者は言います。

それほど人は、思考に囚われていると。


確かにそうだと思います。

未来を考えたり、過去から検証してみたり、意識しないと思考の癖がついてまわります。

またテレビでもネットでも、全て無意識の状態です。もしくはパターンが求めて見ている。


この本を改めて読んでみて、このような沢山のことに気づかされました。

少し意識するだけで世界の見方が変わることも、違う次元で見ていることにも気づかされます。

意識的に生きることを、もっともっと経験してみたい。

違うレベルでの新たな経験を。

最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com