top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年初のセミナー二日間を終えて気づいたことは、「切り込まれたくない」といパターンが私にはあることでした。そう、パターンは切り込まれたくないんです。自分の内側を・・・


なぜなら、切り込まれてしまうとダメな自分を突きつけられているようで受け止めきれないし、そんな自分を知ると傷ついて立ち直れないし、どう対処していいのか分からない、だから、切り込まれたくないんです。それは当然自分に対しても同じことをしていて、なぜ?どうして?と自分に切り込んでも表面的な答えしか出てきませんでした。怖いんです。自分の内側の弱い部分が表に出てボロボロになるのが。でもね、切り込まれて「本当の自分の本音、内側を知る」ということの意味づけが違うのだと思いました。


切り込まれることは傷つくことではなく、また一つ自分を救う糸口になるんです。それは自分をより深く知り、理解し、許せるようになるのだと思いました。


こんな感じで今年はやりたいこと、やるべきことは山ほどありますが、先延ばしにせず全てをやっていくつもりで取り組んでいきます。それだけ心の炎は燃えているんです。やっていきたいと、自分を伸ばしたいと。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page