• 渡邊 優

昨日は三週間ぶりにバレエスタジオに行きました。

スタジオに入った瞬間、いつもの先生から「久しぶり〜!」と第一声をもらいました。

「ご無沙汰してます」と挨拶したところ、何やら先生ニヤニヤしてる。そうか!自分がコロナになる一週前は先生がコロナになって休んでいたっけ!


先生から「どうだった?熱出た?」と(・∀・)ニヤニヤ。周りの生徒も(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

「はい、40度近く出ました・・なるもんじゃないですね、あんなの、ってか、なんで楽しそうなんですか〜?」といつものようにイジられ「今日久しぶりに体動かすんだったら体力ヤバいから、筋肉痛になって帰ってね❤️」と(・∀・)ニヤニヤして言われました。


案の定レッスンでは、ゼーゼー、ハーハー、ゼーゼー、ハーハー((((;゚Д゚)))))))

酸欠になりそうなほど頭がクラクラし、音も遠くの方から聞こえてきて、こんなに動けなかったっけ?と、自分の体を疑いました。

もう若い時のように体力があった頃とは全く違う、アラフィフと言われる自分の体を実感しました。


しかしこのバレエというもの、イジられても、レッスンがキツくても、音に合わせて体を動かし終わった後の心身のリフレッシュさは一際です。


今はそれを味わいに行っているようなものです。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。