top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ピアノが家にきました。


もう随分昔ですが、小学校低学年の頃に友人の家にピアノがありまして、その存在感と重厚感に圧倒され、自分は触っちゃいけないし壊しちゃいけないなと思い、子供ながらに自分には縁のないものだと思っていました。そのピアノが家にきたのです!


黒光している佇まいと、これでもかという存在感。

ピアノはヨーロッパでは工芸品と謳われているようで、その佇まいを見ると納得です。芸術を奏でる道具を初めてマジマジと観察しました。右に回って左に回ってジロジロ・・すげぇ〜、カッコいい・・(語彙力低!)


パターンとはいえ、子供の頃からピアノをどこか高音の花に感じ、その感覚を今のいままで持っていたので、まさか自分の家にくるとは!!驚きと感動で複雑な心境でした。それも毎日使えば日常になるのかなと思いながら、これからのピアノライフが楽しみです。




最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


bottom of page