• 渡邊 優

「理想の父親じゃなきゃ嫌だ」

年末年始、両親のもとに帰省した際に騒いだパターンです。

パターンは一体どんな理想の父親を求めているのかよぉ〜く聞いてみると、「寛大で、理解力に長けてて、優しくて何でも受け止めてくれる父親」そんな父親を求めていたのです。完璧な父親ですね・・


そしてこのパターンが騒ぐと親父の話がちゃんと聞けない。親父の言わんとしたいことが体に入ってこなかったのです。きっと親父も悶々としたままだったのだろうと思います。歳を重ねるとどうしてもパターンが強くなり、頑固にもなって中々受け入れられないこともあると思います。また今更素直にも正直にもなれない、そんな心境もあるのだと思います。そんなとき息子が話を聞いてくれたらどれだけ親父は救われるだろう。そんなことを考え反省しました。


このパターンをしっかりとケアして、次回親父に会う時はしっかり話を聞けるようになろう!これを選んで、親父の力になろうと思います。



最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側