• 渡邊 優

「理想の父親じゃなきゃ嫌だ」

年末年始、両親のもとに帰省した際に騒いだパターンです。

パターンは一体どんな理想の父親を求めているのかよぉ〜く聞いてみると、「寛大で、理解力に長けてて、優しくて何でも受け止めてくれる父親」そんな父親を求めていたのです。完璧な父親ですね・・


そしてこのパターンが騒ぐと親父の話がちゃんと聞けない。親父の言わんとしたいことが体に入ってこなかったのです。きっと親父も悶々としたままだったのだろうと思います。歳を重ねるとどうしてもパターンが強くなり、頑固にもなって中々受け入れられないこともあると思います。また今更素直にも正直にもなれない、そんな心境もあるのだと思います。そんなとき息子が話を聞いてくれたらどれだけ親父は救われるだろう。そんなことを考え反省しました。


このパターンをしっかりとケアして、次回親父に会う時はしっかり話を聞けるようになろう!これを選んで、親父の力になろうと思います。



最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com