• 渡邊 優

昨年末から続けて観察している黒パターンがあります。

それが、権力や強い立場には価値があるというもの。


以前から気になってはいたのですが、権力や、強い立場のある方を目の前にすると、なぜか頭が上がらない、そんな思いがありました。それがきっかけで観察するようになったのですが、この黒パターンの思う価値を聞いてみたところ、権力や強い立場は、皆んなから認められて尊敬されるし、誰も頭が上がらないし、自由に生きていける。だから価値がある。そのように思っているのがわかります。また同時に、パターンもその権力と力を欲しているのも解ります。パターンは自分もその権力を手に入れるのが一番望ましいのですが、そうなれなかった場合、権力のある人に認められて、その力をお裾分けしてもらう、そういった魂胆、目論見があるのも解りました。


その昔「俺誰々知ってるぜ!あんなすごいやつと友達なんだぜ!」そんなことを自慢していた時がありました。きっとその時もこの「権力や強い立場には価値がある」という黒パターンが主導で生きていたのだと思います。


しかしこの価値を散々求めて解ったこともありました。

それはとても苦しい世界だということです。

なぜなら、この黒パターンが求める価値には際限がなく、自分が上か下か、勝った負けた、正しいか正しくないかと、その世界で生き続けることになるからです。


少しづつ「もうその価値に囚われて自分を苦しめるのはやめよう」

これを選んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ