top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は、自分の黒パターンの持つドロドロさにびっくりする時もあり、時には嫌気も誘います。

妬みや嫉妬や自分さえよければいいという自己中心性はその一部で、人間の持つ闇でもあるとさえ思います。


しかし本当の「私」はそれがあってよい。その全てがあってよい。と受け止め、理解し、受容できる者である。ここに、本当の許しが生まれる。

このドロドロした全てがあってよいというところが、本当の「私」の強さや大きさなのだと感心します。また同時に、誰にでもその存在があるというところがいい。

排除するでもなく、無視するのでもない、そんな偉大な存在が人間にはある。


コロナウイルスで排他的になりつつあるこの世界に、一筋の光を投じれるとしたら人類全体でこの本当の「私」を育てていく以外ないのかもしれないと思うのでした。


今日も本当の「私」と共に御魂磨きに励もう。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Komentáře


bottom of page