• 渡邊 優

私は、自分の黒パターンの持つドロドロさにびっくりする時もあり、時には嫌気も誘います。

妬みや嫉妬や自分さえよければいいという自己中心性はその一部で、人間の持つ闇でもあるとさえ思います。


しかし本当の「私」はそれがあってよい。その全てがあってよい。と受け止め、理解し、受容できる者である。ここに、本当の許しが生まれる。

このドロドロした全てがあってよいというところが、本当の「私」の強さや大きさなのだと感心します。また同時に、誰にでもその存在があるというところがいい。

排除するでもなく、無視するのでもない、そんな偉大な存在が人間にはある。


コロナウイルスで排他的になりつつあるこの世界に、一筋の光を投じれるとしたら人類全体でこの本当の「私」を育てていく以外ないのかもしれないと思うのでした。


今日も本当の「私」と共に御魂磨きに励もう。

最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com