top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は横浜のみなとみらいホールにて、辻井伸行さんがソリストを務める新日本フィルハーモニー交響団を見にいってきました。


もう小学生ぶりに見聴きするオーケストラは圧巻の一言でした。

生の音が脳にビンビンきて何も考えられなくなり、一種の瞑想状態ではないかと錯覚するほどでした。

ソリストを務める辻井さんのピアノはもちろん素晴らしいのですが、それ以上に全ての音が織りなすハーモニーが素晴らしかった!音ってこんなにも迫力があり、そしてなんて優しいんだ初めて思いました。


もうずいぶん昔、小学生の時に見たオーケストラは何かの授業の一環だったと思いますが、当時はグースカ寝ていました。小学生の私には感じることも、聴くことも分からず、眠気に誘われるままに落ちていたのだと思います。私にとってのオーケストラは、大人になって初めて聴くに値するものだったのです。


どこが主張するわけでもなく、全てが完璧に合わさり、自分たちの役割だけを完遂する本物の音楽家達。そこにはスイミーがありました。自分の役割を兎に角やり、それが他のためとなり、全てが一つとなる。そういった意味でも自分のことをやるというのは、基礎の基礎なのだと思います。確かに他人のことをサポートはできても、直接代わりになることはできませんからね。


今回交響曲を感じれたのが本当に良かった。音を通して情景が浮かび、匂いまで伝わってきそうな透明感。生のオーケストラを聴いて初めてこの良さを実感しました。いやはや素晴らしかったです。





最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

תגובות


התגובות הושבתו לפוסט הזה.
bottom of page