• 渡邊 優

久しぶりに怪我をしました。昨日のサーフィン中に膝を捻ってしまい、膝の靭帯を損傷したのです。

症状といえば、痛みはそれほどでもないのですが、膝がカクッと抜けてしまうという初めての経験で、何が起こった?というのが第一印象でした。当然歩行に支障をきたすので本日病院に行ってきましたが、膝を固定するギブスを装着しました。これが不自由で不自由で、特にトイレ!膝を曲げずにトイレをするのが結構難しいのです。膝を伸ばしたまま便座へ座る、という少々アクロバティックな姿勢で用を足すのです。それ以外は寧ろギブスをしていたほうが痛みはないので有難いです。


そして膝の関節の模型を使って先生に怪我の説明を受けました。膝ってすごい。お皿があって、軟骨があって、靭帯があって、そこで体重を支えている。完璧な作業をしているのがわかりました。体の仕組みってきっと凄いのだと思います。内臓にしろ脳にしろ、完璧に何かの仕事しているのだと思います。さすが神が似せて創っただけのことはある!


しかし大人になってからのギブスって、何だか大袈裟のように感じて恥ずかしいです。

少しの間足が不自由ながらも家で出来ることをしていこうと、色々考えを回らしております。

最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると