• 渡邊 優

久しぶりに怪我をしました。昨日のサーフィン中に膝を捻ってしまい、膝の靭帯を損傷したのです。

症状といえば、痛みはそれほどでもないのですが、膝がカクッと抜けてしまうという初めての経験で、何が起こった?というのが第一印象でした。当然歩行に支障をきたすので本日病院に行ってきましたが、膝を固定するギブスを装着しました。これが不自由で不自由で、特にトイレ!膝を曲げずにトイレをするのが結構難しいのです。膝を伸ばしたまま便座へ座る、という少々アクロバティックな姿勢で用を足すのです。それ以外は寧ろギブスをしていたほうが痛みはないので有難いです。


そして膝の関節の模型を使って先生に怪我の説明を受けました。膝ってすごい。お皿があって、軟骨があって、靭帯があって、そこで体重を支えている。完璧な作業をしているのがわかりました。体の仕組みってきっと凄いのだと思います。内臓にしろ脳にしろ、完璧に何かの仕事しているのだと思います。さすが神が似せて創っただけのことはある!


しかし大人になってからのギブスって、何だか大袈裟のように感じて恥ずかしいです。

少しの間足が不自由ながらも家で出来ることをしていこうと、色々考えを回らしております。

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ