• 渡邊 優

久しぶりに怪我をしました。昨日のサーフィン中に膝を捻ってしまい、膝の靭帯を損傷したのです。

症状といえば、痛みはそれほどでもないのですが、膝がカクッと抜けてしまうという初めての経験で、何が起こった?というのが第一印象でした。当然歩行に支障をきたすので本日病院に行ってきましたが、膝を固定するギブスを装着しました。これが不自由で不自由で、特にトイレ!膝を曲げずにトイレをするのが結構難しいのです。膝を伸ばしたまま便座へ座る、という少々アクロバティックな姿勢で用を足すのです。それ以外は寧ろギブスをしていたほうが痛みはないので有難いです。


そして膝の関節の模型を使って先生に怪我の説明を受けました。膝ってすごい。お皿があって、軟骨があって、靭帯があって、そこで体重を支えている。完璧な作業をしているのがわかりました。体の仕組みってきっと凄いのだと思います。内臓にしろ脳にしろ、完璧に何かの仕事しているのだと思います。さすが神が似せて創っただけのことはある!


しかし大人になってからのギブスって、何だか大袈裟のように感じて恥ずかしいです。

少しの間足が不自由ながらも家で出来ることをしていこうと、色々考えを回らしております。

最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで