top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

何事も、やるかやらないか、しかないのだと思いました。

これができるようになってからやろう、時期が来たらやろう、そのチャンスが来たらやろう、自分を見ていて思うのは、そういう時期はもう遠の昔に過ぎているのだと思いました。


苦手なことから逃げ、パターンが落ち着いてから、ワークをやり込んでから、不安や恐れが落ち着いてからやる。今私に突きつけられていることはもっとシンプルで、やるかやらないか、その2択だけのような気がします。


やらないと言う選択は分かり易いです。パターン的には傷つくことも怖いこともないので、パターンはそっちを選びたがります。ですが自分の魂のことを思えば、やると言う選択を選び、そこで掴み取っていく自分の成長しか求めていない気がするのです。


日々の日記もそう、ワークもそう、何もかもそう、もっと自分に優しく、気が向いたら、強くなれてからやろう、ではなく、やるかやらないかしかない、そのどちらを選びたいのか、本来物事はこれくらいシンプルなのかもしれません。


今年私は、やる、という選択を続けていきますが、結果は天にお任せします。

自分の殻を破るために、今週もやる、を続けていきます。自分のためにね。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page