top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近彼女とゴタゴタして、もうダメかもな・・・と考えて凹んでいました。

11年付き合った彼女がいなくなると思うと、この世の終わりかと思うほどの絶望感と、依存していた分、失望感も半端じゃない・・・そして、めちゃくちゃ自分を責めてしまう。


食欲もなくなり、動悸息切れがして、あっ、これいつかの失恋した時と同じだわ・・といった感じです。そしてこの依存心ですが、自分を理解してくれている、自分をわかってくれている、認めてくれている、許されている、愛されているという想いに、寄りかかっていた感じがします。これを失うと思うと壮大な失望感へと変わる感じです。


それからいつものように語りかけをいっぱいして、沢山泣いて、Yahoo!知恵袋で「失恋」と検索して調べてみました。あまり意味がなかった。。。


そしてYoutubeで失恋を検索すると、メンタリストDaigoの動画が目に止まりました。そこで紹介されているノースウエスタン大学の研究によると、失恋の痛みとは、別れたことに対する痛みじゃないらしいです。

男女が付き合うと、好きな人が自分のアイデンティティの一部になってしまい、体の一部になってしまう。別れたことによりその一部を失い、アイデンティティーが喪失して、心にぽっかりと穴が空き、あの独特のズーンとした失望感を味わうのだそうです。

そして「いかないで〜」と思うのは、自分の一部、アイデンティティを取り戻そうとしていることらしいです。またチャラ男やダメ男に戻ってしまうのもその理屈らしい。

ウエスタン大学すげーな。


そして失恋て相手がいなくなることが問題じゃなく、自分の心が欠けたように思うことが問題だから、アイデンティティーを取り戻せばいい。というのがこの研究によってわかったことらしいです。


そしてアイデンティティを取り戻す方法として、新しい人と付き合うのではなく、友人にどんどんその話をする、というのがあり、昨晩早速友人に、彼女と別れそうだから話を聞いてくれと連絡したらすぐにきてくれました。しかし・・・そのほとんどの時間を自分が友人の話を聞くという状態になってしまい、全くアイデンティティが取り戻せていない感満載で終わってしまったのです。


しかししかししかし、明日は茅ヶ崎グループのセミナー!

聞いてくれる人がいっぱいいるので、聞いてもらいたい。そして、ぽっかりと空いたアイデンティティを取り戻したい。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page