• 渡邊 優

最近彼女とゴタゴタして、もうダメかもな・・・と考えて凹んでいました。

11年付き合った彼女がいなくなると思うと、この世の終わりかと思うほどの絶望感と、依存していた分、失望感も半端じゃない・・・そして、めちゃくちゃ自分を責めてしまう。


食欲もなくなり、動悸息切れがして、あっ、これいつかの失恋した時と同じだわ・・といった感じです。そしてこの依存心ですが、自分を理解してくれている、自分をわかってくれている、認めてくれている、許されている、愛されているという想いに、寄りかかっていた感じがします。これを失うと思うと壮大な失望感へと変わる感じです。


それからいつものように語りかけをいっぱいして、沢山泣いて、Yahoo!知恵袋で「失恋」と検索して調べてみました。あまり意味がなかった。。。


そしてYoutubeで失恋を検索すると、メンタリストDaigoの動画が目に止まりました。そこで紹介されているノースウエスタン大学の研究によると、失恋の痛みとは、別れたことに対する痛みじゃないらしいです。

男女が付き合うと、好きな人が自分のアイデンティティの一部になってしまい、体の一部になってしまう。別れたことによりその一部を失い、アイデンティティーが喪失して、心にぽっかりと穴が空き、あの独特のズーンとした失望感を味わうのだそうです。

そして「いかないで〜」と思うのは、自分の一部、アイデンティティを取り戻そうとしていることらしいです。またチャラ男やダメ男に戻ってしまうのもその理屈らしい。

ウエスタン大学すげーな。


そして失恋て相手がいなくなることが問題じゃなく、自分の心が欠けたように思うことが問題だから、アイデンティティーを取り戻せばいい。というのがこの研究によってわかったことらしいです。


そしてアイデンティティを取り戻す方法として、新しい人と付き合うのではなく、友人にどんどんその話をする、というのがあり、昨晩早速友人に、彼女と別れそうだから話を聞いてくれと連絡したらすぐにきてくれました。しかし・・・そのほとんどの時間を自分が友人の話を聞くという状態になってしまい、全くアイデンティティが取り戻せていない感満載で終わってしまったのです。


しかししかししかし、明日は茅ヶ崎グループのセミナー!

聞いてくれる人がいっぱいいるので、聞いてもらいたい。そして、ぽっかりと空いたアイデンティティを取り戻したい。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側