top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

人は様々な自分の考えのもと、行動し、結果を受け取ります。

その結果に納得が出来ようとできまいと、全て自分の意識(考え)が招いた結果でしかありません。

その結果が、辛く、苦しいものなら、自分を改めるしかないのです。


だから、ちゃんと考える、ということを最近大事にしています。(自分の課題でもあります)

なぜ大事にしたのかというと、大事な自分のことだからです。

自分のことを、なぜ、どうして、とちゃんと考えることは、自分をより深く知ることにもなりますし、知ってから自分はどうしたいのか、とまたちゃんと考え、新たな白パターンの選択にも役立ちます。

それは、黒パターンで悶々と考えていた時とは違い、建設的であり、生産性のある思考だと思いました。


自分はどうしたいのか・・・どうありたいのか・・・

それは私が心底欲していることであり、納得ができて、腹落ちする在り方です。


そこに繋がる糸口が、黒パターンだったりします。だから、黒パターンであった時の自分をよく考えて、どうして、なぜ、と自分にツッコミを入れながら、より深く自分を内省することが必要なのだと思いました。そうしているうちに、段々と今の自分の問題につき当たります。それを知るためのちゃんと考える、でもあります。


そしてこの日記もそうです。自分の考えをまとめることに役立てていますし、アウトプットして自分のものへと定着させる役割もあります。


沢山の情報やネット、テレビ、SNS、一見すると答えがそこにありそうなものですが、周りの情報に囚われずに、自分の中から導き出すようにちゃんと考えることは、自分だけのオリジナルの解答なのだと思います。


それができるのも、結局自分だけなのだと思います。

最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page