top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「あれこれ言われたくない」という私のパターンは、もう本当にあれこれ言われることにうんざりします。そんなあれこれ言われたくないというパターンが一番騒ぐ時が、ピアノのレッスンの時です。約一時間のレッスン中「ちがーう!そこはフォルテ!そこは♭シでしょ!もう一回!」と檄を飛ばされ(パターンは野次と取っている)「もう勘弁してくれ!う・る・せ・え〜〜〜」と私のパターンは心の中でシャウトするのです。自分史上一番あれこれ言われる一時間です。早く終わらないかな〜と時計が気になる一時間です。


でも、なんでそこまであれこれ言うのか、そこまで熱い指導が必要なのか、今日はそんなことを考えていました。そこはやっぱり先生の、上手くさせたいという思いがそうさせているのだと思います。以前先生が言っていた、大きな曲を弾いた時にこの基礎が役に立つのだと教えて下さいました。70年ピアノ一筋の先生がそう言うのですから間違いないです。

でもパターンは・・・・・そうなんです。

このパターンが騒ぐと100%先生から吸収することができません。お金も時間も勿体なくなるんです。それほどこのパターンは、何かを習うときの弊害になります。


先生の言葉の裏にあるものをしっかり受け取って自分のものにしていきたい。

自分にはないものを先生方は持っており、技術だけではない何かがそこにはある気がします。


表面的なあれこれに囚われずに、真意を汲み取って自分のものにしていくことこそ、習い事の醍醐味かもしれません。あれこれ言われるレッスンを味わいながら、また練習に励んでいこうと思いました。


しかしパターンが騒ぐ場面を沢山提供してもらえて頑張り甲斐もあるもんです。感謝。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


bottom of page