• 渡邊 優

茅ヶ崎セミナー2日間も無事に終わり、自分の中がしっとりとしています。

セミナーの内容がやんわりと自分の中で消化されているような、余韻とも言えるものが体の中に残り、その学びの深さを物語っているのだと思います。


自分を超えて、他のためとなり、世のためとなり、この地球のため、それすらも超えて宇宙のためと、果てしなく続く連鎖は私の想像を遥かに超えていました。今まで考えていたなぜ?が全て納得のいく答えに繋がり、自分の中に落とし込む作業をこの週末に行っていたのだと思います。


自分ためにやる。これがどれほど大事なことか・・・

自分のためにやるというと、何だか利己的で自分勝手のように聞こえますが、違う違う。

本来の自分のためとは、自分の中で無視され、置き去りされ、傷ついた自分をまず癒すこと。そして自分の尊厳を回復し、自分の在り方を再構築していくことです。

これができると自然と自分の在り方が他に影響を与え、周りに良い影響を与えて行きます。

本来の自分のためとはこのことなんです。


今日からまた、まずは自分のためにこの道を進んでいこうと思います。


そしてここまでの広がりと深さを学ばせてもらっていることに感謝です。いずれ自分も、この深くて強い「天意」の学びを誰かに伝えていきたい。そんな風に思った2日間でした。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側