• 渡邊 優

茅ヶ崎セミナー2日間も無事に終わり、自分の中がしっとりとしています。

セミナーの内容がやんわりと自分の中で消化されているような、余韻とも言えるものが体の中に残り、その学びの深さを物語っているのだと思います。


自分を超えて、他のためとなり、世のためとなり、この地球のため、それすらも超えて宇宙のためと、果てしなく続く連鎖は私の想像を遥かに超えていました。今まで考えていたなぜ?が全て納得のいく答えに繋がり、自分の中に落とし込む作業をこの週末に行っていたのだと思います。


自分ためにやる。これがどれほど大事なことか・・・

自分のためにやるというと、何だか利己的で自分勝手のように聞こえますが、違う違う。

本来の自分のためとは、自分の中で無視され、置き去りされ、傷ついた自分をまず癒すこと。そして自分の尊厳を回復し、自分の在り方を再構築していくことです。

これができると自然と自分の在り方が他に影響を与え、周りに良い影響を与えて行きます。

本来の自分のためとはこのことなんです。


今日からまた、まずは自分のためにこの道を進んでいこうと思います。


そしてここまでの広がりと深さを学ばせてもらっていることに感謝です。いずれ自分も、この深くて強い「天意」の学びを誰かに伝えていきたい。そんな風に思った2日間でした。

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ