• 渡邊 優

Fukushima50 東日本大震災、原発事故の映画を見ました。

その原発事故の中で働く主人公の「俺たちは何か間違ったのか?」の問いに、現場所長がこう答える場面がりました。「俺たちは自然の力を舐めていたんだ。10メートル以上の津波は来ないとずっと思い込んでいた。確かな根拠もなく、40年以上も自然を支配したつもりになっていた。慢心だ」


そう、慢心なんです。人間は自分を含め慢心しやすい。だからこそしっかりと自分を見ていかなければならないと思いました。自然は時に驚異となりますが、本来自然は私たちを生かしてくれている存在です。GDPの半分以上が自然から得たとの試算もあります。感謝こそしなければならない相手に慢心をしてしまう。毎朝の祈りをしているとつくづく思うことがあります。それは今までこんな風に感謝してこなかったなと。自分のことばかりで当たり前にある自然や周りに感謝をしてこなかった。気付けなかったんです。


これからはちゃんと感謝していこうと思いました。

自然に優しくするのではなく、私たちこそが自然から優しくされていることに感謝して。

最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com