top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

フジコヘミングさんのコンサート、素晴らしかったです。

大人になってから初めてクラシックを見聞きしましたが、胸に飛び込んでくる音色が美しすぎて自然と涙が溢れてきました。気がつくと周りでもグスグスと涙ぐむ方も多く、フジコヘミングさんの祈りのようなものを受け取った気がします。


フジコヘミングさんは御歳90歳、本人も仰っていましたが、体調が悪く、手と足に痺れが出てきてうまく弾けないの、だからこの曲は飛ばすわね。と自由にコンサートを進めていました。きっと満身創痍で弾いて下さったのだと思います。それでも間違いなく音色は美しく、本当に聴けて良かったです。


フジコヘミングさんはクリスチャンらしく、途中こんなことを仰っていました。

私いつもお祈りしているの、でも自分のために祈るんじゃないのよ、神様は私の祈りはわかっているの。今、大変な思いをしている人たちのために祈るのよ。


そんなキュートなお話しを聴いたあとのアンコールのアヴェマリアはひとしおで、涙涙のコンサートでした。


この世界、ハマりそうです。




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page