• 渡邊 優

台風一過が過ぎるまで、亀になっていました。

私はパンとコロッケを買い込み、台風が過ぎ去るのをジッと耐えていました。

そして台風が過ぎ去った後の安堵感と疲れ。

緊張していたんだと思います

無理もないと思いました。

観測史上最大と来る前から恐れられていたほどの台風です。

そしてその通り、あらゆるものと、人々の生活と命を飲み込んでいきました。

昨年初夏の中部地方を襲った集中豪雨に、今年の大型台風。

年々被害の規模が大きくなっているようにも思えます。


台風あとの海を歩いていると、おびただしいほどのゴミとPETボトル。

今だにこれだけのものを捨てる人がいるのかと驚きでした。

そんなゴミの山を見ていると、実は、全て我々が撒いた種の結果を収穫しているのかもしれない。

そんな風に考えさせるほどのゴミの山でした。


我々一人一人が考え、行動する時期に来ているのかもしれない。

そんなことを思い起こさせる今回の台風でした。


被災にあった方々の1日も早い復興をお祈りします。






最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com