top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

折角の一人なので、この機会にしっかり自分と向き合い、パターンを見てケアし、また大元のパターンも徹底的にケアしていこうと思いました。


一人に慣れていない私は、寂しさや心細さに負けて逃げてしまいそうになる時があります。

それは趣味に友人、SNSや沢山の情報やテレビ、そういったものに触れていると、寂しさや心細さを一瞬でも紛らわせてくれるのです。世の中はとてもよくできていて、あらゆるものを使ってパターンを満たしてくれます。もしくは自分の問題を見ないように紛らわせてくれます。


そんな時思うのが、何のために今自分は一人なのかということです。

完全な一人の時にできることというのは、本当の自分に向き合うことです。それは、自分を知ることでもあるし、だからこそ、自分を変えられる機会でもあると思うのです。


自分のことだから、自分のパターンの傾向は知っています。

そこをスルーするのではなく、しっかりと向き合う機会、そこを超えていくチャンスと捉え、この時間を大事にしていこうと思いました。


沢山の情報や、物質が有り余る時代において、自分に集中できるというのは幸せなのかもしれません。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page