• 渡邊 優

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。


しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。

それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の内側を見せるということが、自然と優劣や勝ち負けへの比較へと、意味づけされているのだと思いました。


私も当初、内側の心境やこだわり、パターン、黒歴史を話すのはとても勇気がいることでした。

どちらかというと、エイ!ヤー!と勢いで話していました。そして他人の開示に対しても、同様にジャッジをしていたのを思い出します。


しかし最近思うのは、自分をちゃんと開示できるというのは、誠実さや勇気、強さ、また自他に対しての偏見がなくなっていく、ということだと思います。

しかも細部までちゃんと開示するということは、それだけ自分を見ている証でもあります。


だから「開示」はとても大事。


その意味が最近やっとわかってきました。


考えれば考えるほどに、まだまだ知らないこと、知った気になっていることは山のようにあるのだと思います。だから今日も一つ一つ丁寧に、学んでいきます。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側