• 渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループのセミナーでした。

約3ヶ月ぶりに会うみんなの顔はまた一つ逞しくなっているようにも見えました。

そして月日を開けても変わらない関係性は気持ちの良いものです。きっと多くを語らなくてもそれぞれの世界で頑張っているのが分かるから、尊重しあえる仲になってきているのだと思います。


そして今回印象に残ったのは、自分がどの領域を選ぶのか?選択できるというもの。

そう考えるとあらゆる選択を私たちは毎日しています。

やる、やらない。頑張る、頑張らない。


昔高校の担任の先生にこんなことを言われたのを覚えています。

「確かに人には才能というものがある。勉強ができる者、スポーツができる者、絵が上手い者、けどなお前ら、『努力』っていう才能は皆んな同じだけ持っているんだ。その才能を伸ばすか伸ばさないかで人生大きく変わる。頑張れよ!」担任の卒業式の最後の言葉でした。


この言葉が強烈に自分の中に残りました。


何のための努力なのか?私は自分のためです。自分の成長のため、自分の視野を広げるため、自分の理解を超えていくため、自分の小さなプライドを壊していくため、そう、全て自分のための努力なんです。今は、それでいいと思っています。


日々自分がどう在るのか?その自分の在り方次第で、きっと他にもいい影響を与えていけるだろうと思っています。それほど一人の存在は大きい。

今日も、努力っていう才能を磨いていきます。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、