top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

以前、過去の過ちを謝るというワークをやりました。

沖縄、茅ヶ崎グループと、同じワークをやった方々はご存知かと思いますが、私は高校生のときに、自分の弱さが原因で、クラスメイトを苦しめ、辛い思いをさせるという過ちを犯しました。

その30年前の過ちを、やっと謝ることができました。

謝ったあと彼は「ゆたか、俺全然覚えとらん…今度一杯奢れよ!」といっていました。もしかしたらこれは、彼の優しさかもしれませんし、本当に覚えていなかったのかもしれません。

しかし、本当に謝れて良かった。

途中、凄い怒られたらどうしようとか、嫌われたらどうしようと、黒パターンの思考が生まれては消え、としていましたが、ちゃんと今日謝る!という白を選びきり、正直に30年前の出来事を謝れたことは、私の内側に何とも言えない軽さと喜びが生まれました。

それまで30年間持っていたしこりは、後悔や罪悪感だったと思います。


謝るという行為。

これは決して、ダメなことでも、弱いことでも、負けることでもなく、ただ正直に、誠実に、過ちを認めることと、私は思います。


今回彼に謝れたこと、そして彼が許してくれたこと。

この謝るという偉大な学びに感謝です。




最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

1 Comment


erunmasako
Sep 16, 2019

過去の自分の誤ちを謝るって、とても勇気がいりますよね。お友達に謝る事が出来て良かったです。多分、その誤ちを一番許せて無いのは、自分自身だから、ずっと苦しいし、そんな自分を恥かしいと思っているんだと思います。謝るって、申し訳ないと思っている人に謝って、その人から許してもらうのが目的では無く、自分自身を許す行為なんでしょうね。

Like
bottom of page