top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

以前、過去の過ちを謝るというワークをやりました。

沖縄、茅ヶ崎グループと、同じワークをやった方々はご存知かと思いますが、私は高校生のときに、自分の弱さが原因で、クラスメイトを苦しめ、辛い思いをさせるという過ちを犯しました。

その30年前の過ちを、やっと謝ることができました。

謝ったあと彼は「ゆたか、俺全然覚えとらん…今度一杯奢れよ!」といっていました。もしかしたらこれは、彼の優しさかもしれませんし、本当に覚えていなかったのかもしれません。

しかし、本当に謝れて良かった。

途中、凄い怒られたらどうしようとか、嫌われたらどうしようと、黒パターンの思考が生まれては消え、としていましたが、ちゃんと今日謝る!という白を選びきり、正直に30年前の出来事を謝れたことは、私の内側に何とも言えない軽さと喜びが生まれました。

それまで30年間持っていたしこりは、後悔や罪悪感だったと思います。


謝るという行為。

これは決して、ダメなことでも、弱いことでも、負けることでもなく、ただ正直に、誠実に、過ちを認めることと、私は思います。


今回彼に謝れたこと、そして彼が許してくれたこと。

この謝るという偉大な学びに感謝です。




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page