top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近自分に対する「諦め」というのを感じています。

それは自分の体力的な問題、年齢的な問題、初老が見え始めたという現実を踏まえた、思い通りにならない自分に対する諦めです。


しかしそれは決して投げやりになるわけでもなく、もうやめる、完全に諦めるというものでもありません。現実の今の自分を踏まえた上で頑張ろうというものです。

その頑張り、努力自体は自分のできる範囲でやり、現実的な努力をするというもので、そこには年齢という体力的な問題もあるし、限界もある。また自分の個性という得手不得手がある中で、諦めながらも自分なりの最大の努力をしていこうというものです。


ですから、できない自分がダメだとも思わないし、今の自分でいくしかないと思っています。

そんな自分に対するあらゆる諦めを感じています。


私もいつの間にか上の世代になり、こうして諦めていくものが少しづつ増えていくのだと思いました。そして若い世代が活躍し初めて交代していく、これも自然なことなのだと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page