• 渡邊 優

「老後とピアノ」 著 稲垣えみ子を、同じ道場仲間から借りて読みました。

自己探求をしている私からすると共通することが非常に多く「ウンウン、そうだよね〜」なんて一人で感心したり、つぶやいたりしていました。特に「こうありたいというエゴを捨てる」と著者が気づき、そして四苦八苦している姿はまるで私たちそのものであり、その過程にこそ大事なものがあるのだと気付かされます。


そして思ったのが、どんな道を行っても目指している頂は同じであり、どれが正しくてどれが間違いということもない。だから今あるその道を信じて邁進してよし。そんな勇気を著者からもらった気がします。


一つのことに集中して極みの域まで到達する過程においてはきっと、人知れず色々なことを考え、時には苦しみ、そして悩み、そうやって自分で自分の殻を破っていくのだと思います。それは誰かに代わってもらえるものでもなく、自分でやるしかないもので、だからこそ価値があるのだと思いました。


壁が立ちはだかったり、問題に遭遇したり、人生は色々だけど、その都度何かの気づきや進歩があるのなら、それはそれでいいもんなんだと教えられた読書でした。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実