• 渡邊 優

父から貰った本を読みました。

そう言えば最初に父親から貰った本は確か高校生のころ、「ビジネスマンの父より30通の手紙」というタイトルでした。

そして今回のは「日本の戦後を知るための12人」。父とは結構本の好みが似ていて、ビジネス、歴史ものが好きなようです。そして今まで10冊くらいは勧められた本を読みましたが、その全てが面白かった!特に高熱隧道という小説は本当に手に汗握るほど面白く、男物の小説!って感じでした。


そんな父も今年で74歳、自分でも身体に相当ガタがきていて、急に衰えを感じるし、最近では自分の父親(私のおじいちゃん)のことをよく思い出すし、よく考えると言っています。

そして74年生きてくると色々あったよと。きっと私の知らないところで色々なことがあったのだと思います。子供に言えないことが沢山あったんだなと。


それほど長くはないこの先、できる限り楽に、軽くなって新たな門出を迎えて貰いたい。そう思います。父にも寄り添っていこう。そして本の話を沢山しよう。



最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com