• 渡邊 優

父から貰った本を読みました。

そう言えば最初に父親から貰った本は確か高校生のころ、「ビジネスマンの父より30通の手紙」というタイトルでした。

そして今回のは「日本の戦後を知るための12人」。父とは結構本の好みが似ていて、ビジネス、歴史ものが好きなようです。そして今まで10冊くらいは勧められた本を読みましたが、その全てが面白かった!特に高熱隧道という小説は本当に手に汗握るほど面白く、男物の小説!って感じでした。


そんな父も今年で74歳、自分でも身体に相当ガタがきていて、急に衰えを感じるし、最近では自分の父親(私のおじいちゃん)のことをよく思い出すし、よく考えると言っています。

そして74年生きてくると色々あったよと。きっと私の知らないところで色々なことがあったのだと思います。子供に言えないことが沢山あったんだなと。


それほど長くはないこの先、できる限り楽に、軽くなって新たな門出を迎えて貰いたい。そう思います。父にも寄り添っていこう。そして本の話を沢山しよう。



最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。