• 渡邊 優

父から貰った本を読みました。

そう言えば最初に父親から貰った本は確か高校生のころ、「ビジネスマンの父より30通の手紙」というタイトルでした。

そして今回のは「日本の戦後を知るための12人」。父とは結構本の好みが似ていて、ビジネス、歴史ものが好きなようです。そして今まで10冊くらいは勧められた本を読みましたが、その全てが面白かった!特に高熱隧道という小説は本当に手に汗握るほど面白く、男物の小説!って感じでした。


そんな父も今年で74歳、自分でも身体に相当ガタがきていて、急に衰えを感じるし、最近では自分の父親(私のおじいちゃん)のことをよく思い出すし、よく考えると言っています。

そして74年生きてくると色々あったよと。きっと私の知らないところで色々なことがあったのだと思います。子供に言えないことが沢山あったんだなと。


それほど長くはないこの先、できる限り楽に、軽くなって新たな門出を迎えて貰いたい。そう思います。父にも寄り添っていこう。そして本の話を沢山しよう。



最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで