top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今、村上春樹の1Q84にハマってます。

今年に入って約70冊ほど本を読みましたが、当初、この読書は師に勧められて始めました。

当時は課題として本を読んでいましたが、その後は成長したいという動機の基に読んでいました。

そして今、この読書が楽しみへと変わっています。

読むことを義務とした始まりから、今は読むことを食べることのように楽しんでいます。

それぞれの食材や味をしっかりと咀嚼し、味わいながら読む。

そんな感覚で読書を楽しんでいます。


こうして見てみると、今までやってこなかったものごとや苦手だと思って疎遠となっていることなど、全て暫くやってみないとわからない、ということが分かります。この暫くがポイントなんだと思う。

暫くやってみて、その世界の味を味わう。

そうして初めて自分に向き不向きなのかがわかる。

こうして自分の世界が広がることは、これも新たな喜びなのかもしれないと思いました。


帰ったら村上春樹の1Q84の続きを読もう。

そう思えることは、すごく幸せなんだと思う。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page