• 渡邊 優

今、村上春樹の1Q84にハマってます。

今年に入って約70冊ほど本を読みましたが、当初、この読書は師に勧められて始めました。

当時は課題として本を読んでいましたが、その後は成長したいという動機の基に読んでいました。

そして今、この読書が楽しみへと変わっています。

読むことを義務とした始まりから、今は読むことを食べることのように楽しんでいます。

それぞれの食材や味をしっかりと咀嚼し、味わいながら読む。

そんな感覚で読書を楽しんでいます。


こうして見てみると、今までやってこなかったものごとや苦手だと思って疎遠となっていることなど、全て暫くやってみないとわからない、ということが分かります。この暫くがポイントなんだと思う。

暫くやってみて、その世界の味を味わう。

そうして初めて自分に向き不向きなのかがわかる。

こうして自分の世界が広がることは、これも新たな喜びなのかもしれないと思いました。


帰ったら村上春樹の1Q84の続きを読もう。

そう思えることは、すごく幸せなんだと思う。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で