top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

囚われ、執着、信念、こだわり、頑固さ、どれも心を硬くして肩に力が入るものばかりです。

もしかして肩こりは、こういった膠着した心の状態から肩に「グーー」っと力が入ってできるものかもしれないと思いました。


しかし、囚われや執着の反対にある、自由や解放、柔軟さは、心を軽くさせ、楽な感覚があります。

こう考えると、黒パターンの力がいかに心身に働いて、頭も心も固くさせているのがわかります。

かくいう私も、以前は肩こりが激しくて週に一回はマッサージにいっていました。


こうあるべき、こうあらねば、自分は正しい、負けてはいけない、勝たなければ(何から?)などなど、真っ黒パターンのオンパレードで、施術してくれる方からは、バッキバキですよ・・・

とよく言われたものです。


しかし、自由や開放感、柔軟性は、全て白パターンの感覚で、こちらを選ばないと体の中でエネルギーが詰まって滞り、次第に澱みが生まれて体の調子を悪くさせる。

そんな風に人間の体はできているのではないか?と思いました。


ただ、黒パターンが悪いというわけではなく、黒パターンの重くて詰まるようなエネルギーを感じたら、それは違いますよ〜、そっちに行くとしんどいですよ〜、体壊しますよ〜。そんな大事なサインを出して知らせてくれる存在であり、そして黒パターンの感覚を知るからこそ、自由や開放感という、真逆の感覚も大事にしていけるのだと思います。


いつでも己を自由に解放していこう!

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page