• 渡邊 優

囚われ、執着、信念、こだわり、頑固さ、どれも心を硬くして肩に力が入るものばかりです。

もしかして肩こりは、こういった膠着した心の状態から肩に「グーー」っと力が入ってできるものかもしれないと思いました。


しかし、囚われや執着の反対にある、自由や解放、柔軟さは、心を軽くさせ、楽な感覚があります。

こう考えると、黒パターンの力がいかに心身に働いて、頭も心も固くさせているのがわかります。

かくいう私も、以前は肩こりが激しくて週に一回はマッサージにいっていました。


こうあるべき、こうあらねば、自分は正しい、負けてはいけない、勝たなければ(何から?)などなど、真っ黒パターンのオンパレードで、施術してくれる方からは、バッキバキですよ・・・

とよく言われたものです。


しかし、自由や開放感、柔軟性は、全て白パターンの感覚で、こちらを選ばないと体の中でエネルギーが詰まって滞り、次第に澱みが生まれて体の調子を悪くさせる。

そんな風に人間の体はできているのではないか?と思いました。


ただ、黒パターンが悪いというわけではなく、黒パターンの重くて詰まるようなエネルギーを感じたら、それは違いますよ〜、そっちに行くとしんどいですよ〜、体壊しますよ〜。そんな大事なサインを出して知らせてくれる存在であり、そして黒パターンの感覚を知るからこそ、自由や開放感という、真逆の感覚も大事にしていけるのだと思います。


いつでも己を自由に解放していこう!

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ