• 渡邊 優

囚われ、執着、信念、こだわり、頑固さ、どれも心を硬くして肩に力が入るものばかりです。

もしかして肩こりは、こういった膠着した心の状態から肩に「グーー」っと力が入ってできるものかもしれないと思いました。


しかし、囚われや執着の反対にある、自由や解放、柔軟さは、心を軽くさせ、楽な感覚があります。

こう考えると、黒パターンの力がいかに心身に働いて、頭も心も固くさせているのがわかります。

かくいう私も、以前は肩こりが激しくて週に一回はマッサージにいっていました。


こうあるべき、こうあらねば、自分は正しい、負けてはいけない、勝たなければ(何から?)などなど、真っ黒パターンのオンパレードで、施術してくれる方からは、バッキバキですよ・・・

とよく言われたものです。


しかし、自由や開放感、柔軟性は、全て白パターンの感覚で、こちらを選ばないと体の中でエネルギーが詰まって滞り、次第に澱みが生まれて体の調子を悪くさせる。

そんな風に人間の体はできているのではないか?と思いました。


ただ、黒パターンが悪いというわけではなく、黒パターンの重くて詰まるようなエネルギーを感じたら、それは違いますよ〜、そっちに行くとしんどいですよ〜、体壊しますよ〜。そんな大事なサインを出して知らせてくれる存在であり、そして黒パターンの感覚を知るからこそ、自由や開放感という、真逆の感覚も大事にしていけるのだと思います。


いつでも己を自由に解放していこう!

最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで