top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

地震、津波、洪水などの災害時、または有事の際に以下のことを優先するようにと、以前どこかのサイト(確か気象庁かハザードマップかそのあたりのサイト)でみました。


1自助 他の力に依存せず独力でことをなすこと

2共助 互いに力を合わせて助け合うこと

3公助 市町村や消防、県や警察、自衛隊といった公的機関による救助や援助


1 まずは自分で自分の命を助けること

2 その次にお互いに助け合い

3 公的機関の助けを待つ


特に3の公的機関が一番遅くなるとのことでした。

給水車や消防車や救急車には限りがあり、できる限り自分達の力で生き延びてほしいとのことでした。その為にはそれなりの備蓄や防災の準備が必要になり、また意識をしっかり持って対応する、心の準備も必要かと思います。


この先数年間、地震や気候変動など、色々とことが起こると様々な機関から報告されています。

自分のことは自分で対処できるよう、準備だけは進めていこうと思いました。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page