top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日、こちらで紹介しました、ザ・メンタルモデルですが、伊藤先生から頂いたプリントではなく、同じグループのMさんから頂いたプリントでした。

訂正致します。失礼しました。

そしてMさん、良本を紹介して下さりありがとうございます!

最高に面白いです!


さて昨日の続きですが、本書にはこのようなことも書かれていました。

「全ての人が、まったく無自覚に作り出されている、痛みの回避を目的としたこの適合の中に生きています。そして、無自覚なまま生きる上で最も残念なのは、この回避行動から作り出される現実は、必ずそのメンタルモデルが創り出す「不本意な現実」であるということです。」

それは、やっぱり〇〇なんだ(〇〇にはその人のメンタルモデルとして持っている特定の言葉が入ります)という現実です。


この、やっぱり〇〇なんだ、めちゃくちゃヒットしました。

私の場合、「やっぱり世の中金なんだ・・・」

と、ガツンと黒パターンが出てきました。このお金系の黒パターンは以前からケアしており、その時のパターンの言い分は、お金があれば愛されるや、お金があれば大切にされるや、お金があれば幸せになれると、どこかに健気さがあったのですが、今回は全く違います。

ザ黒、真っ黒って感じの内容です。

それは、なぜならば、お金があればなんでも手に入るし、全て思い通りになるし、力そのものだと。


私としては、ついに本丸が出てきた。そう思っています。

これは黒白のバランスが非常に悪いので、あらゆるワークを駆使してバランスを取って行こうと思います。


よろしかったら、この、やっぱり〇〇なんだ。やってみて下さい。

思いもよらない発見があるかもしれません。


先日千葉へ行った際の朝日。綺麗でした。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page